新着情報

新着情報一覧|名古屋・栄の女性行政書士・宅建士事務所 Office ZEN

【遺言】相続が争族になるかどうかの分岐点とは?

2021/05/13

行政書士の取扱業務でもある「遺言」。

私は、遺言は
~家族への『最期のギフト』~
と捉えています。

その遺言における「付言事項」について、
知っていただくきっかけになればと初めての動画を作成しました。
(音量や色々が不慣れで恐縮です…)

【遺言】相続が争族になるかどうかの分岐点とは?

遺言の内容を補足する「付言事項」。

法的な拘束力はないのですが、
ご本人の気持ちを添え記すことができます。

長く人生を共にしてきた妻(夫)への感謝。
子供達の成長を喜び、皆の安泰を願っていること。
残された家族を思えばこその思いや心情。

法的拘束力はなくとも
残されたご家族にとって
何にも代えがたいギフトとなる時があります。

ご家族の心を
照らし続けてくれることがあります✨

悲しいことに「争い」もよく見られる相続ですが、
付言事項にご家族への思いを添えるなどされつつ、
遺言を記してくださる方が増えるといいなぁと願っています。

大切に、大切に業務にあたっています。

RECOMMEND

052-269-8141
お問い合わせ